Windows10にアップデートする必要はあるのか?

Windows10にアップデートする必要あるのか?

よくお客様から「Windows10にアップデートする必要あるのか?」とう質問を受けます。

アップデートする必要がないケース

弊社の多くのお客様には、「Windows10へのアップデートは必要はありませんよ。」と答えています。
その理由は、下の通りです。

  • Windows7、8.1のサポートがまだ継続される。
    マイクロソフトのアナウンスによると、Windows7は2020 年 1 月 14 日サポート終了Windows8.1は2023 年 1 月 10 日終了となっています。
    サポート終了以降も現在使用しているPCを使用し続ける予定が無なく、PCの起動速度使い勝手不満・不便を感じていないなら特にアップデートする必要はありません。
  • セキュリティソフトをインストールしており、その更新も確実に行われている。
    Windows10ではセキュリティの強化が図られています。しかし、Windows7、Windows8.1でも信頼できるセキュリティソフトをインストールし、確実に更新がされているならばあえてWindows10のセキュリティ強化に頼る必要がありません
  • Windows10未対応の周辺機器が存在する。
    周辺機器をPCに接続している場合、Windows10未対応の周辺機器・
    サービス
    があるかもしれません。
  • Windows10未対応(または、注意が必要)なインターネットのサービスが存在する。
    Windows10未対応だったり、使用に注意が必要なインターネットのサービスがまだ数多く存在します。
    Windows10にアップデートするとそれらのサービスを従来通りに使用できない可能性があり、業務に支障がでることがあります。それを避ける必要があります。

 

アップデートする必要があるケース

アップデートする必要があるのは、下のケースです。

  • Windows7、Windows8.1のサポート終了以降も現在使用しているPCを使用し続ける。
    つまり、Windows7は2020 年 1 月 14 日サポート終了Windows8.1は2023 年 1 月 10 日終了以降も現在のPCを使用し続ける場合は、 マイクロソフトがアナウンスしている「Windows 10 への無償アップグレードが終了する、2016 年 7 月 29 日」までにアップグレードをお勧めします。
  • Widows10のWindows Defenderにセキュリティを委ねることがある場合。
    例えば、別途導入しているセキュリティソフトの更新を忘れていた場合、更新をするまでの期間はセキュリティ的に無防備になります。その間、Windows Defenderに脅威から守ってもらう必要があります。
  • Windows7、Windows8.1の起動/処理速度に不満がある。
    マイクロソフトのアナウンスによると、

    Windows 7 搭載 PC を Windows 10 にアップグレードした場合、平均で 28% 起動時間が速くなります

    となっています。
    また、
    ・スリープからの復帰
    ・Web ブラウジング
    ・ファイルコピー
    ・ファイルの圧縮
    ・ファイルの解凍
    が高速化されるようです。
    高速化が必要な場合は、Windows10へのアップグレードをお勧めします。

脚注 : Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ